上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
002_1A.jpg

神楽坂駅近くに鎮座する赤城神社にいるおかっぱ狛犬。
なんでも江戸時代に流行した「加賀白山犬」を再現したとのこと。
え?ほんと流行ってたの?
ってくらい他神社で見たことない希少なタイプです。

FERRANIA Solaris100

以下狛犬レポです。
001_0A.jpg

阿像の背後にスタイリッシュなマンションが。
赤城神社は昨年全面リニューアルし境内に借地権付き分譲マンションが建てられ、社務所もカフェもこの建物内にあります。
狛犬を眺めながら珈琲をいただくなんてこともできます。
新しい神社の在り方をみました。

しかし気になることが。
以前は空襲で負傷した江戸狛犬が、傷つきながらも威風堂々とお社を護っていたのですが、
境内のどこにも見当たらない。
ご隠居したのでしょうか。
お疲れさまでした、と声をかけたかったなと狛犬バカはこうゆうとき物思いにふけるのです。

Comment


かっ、かわいい!!
癒し系狛犬ですね^^
威嚇して追い払う感じじゃないのもあるんですね。
バックがアパートだと、もはやアートですね。
狛犬も現代に溶け込もうと進化しているんだろうか・・・

++vinさん++

お返事遅くなってすみません!
コメントありがとうございます
江戸時代は戦もなく泰平の世だったためか、比較的可愛いの狛犬が多いように感じます。
戦時中に奉納された狛犬は険しい顔のものが多く、狛犬も時勢に左右されるのだなぁと感慨深いです。
アートな狛犬もまさに進化した現代が生んだ子ですね!
vinさん鋭い!!
ぜひ狛犬道にいらっしゃいませんか?笑

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。