上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
072_34.jpg

耳の裏あたりから伸びてるカールは、たてがみですか?
慎ましいたてがみに好印象。
寄生虫みたいだねなどど言ってはなりません。

SUPERIA PREMIUM400
スポンサーサイト
069_31_20121112133340.jpg

楚々とした佇まいに心が温まる。

これまでに十対以上のはじめ狛犬に会いましたが、
共通していえるのが、どの子も笑っていること。
ニコニコと笑っている子もいれば、ふんわり微笑んでいる子もいる。
神様を護るぞ!という威圧などはなく、参拝者を温かく迎えているかのよう。

その可愛らしさゆえに、はじめ狛犬は女性に人気がある、という考察をどこかで読んだのだが、一体どこでどのようにして統計を取ったのかが非常に気になる。
狛犬の写真を執ように撮ったり、
記銘を読み解こうと眉をひそめていたり、
頭を撫でてみたり、話しかけてみたり、
という女性に出会ったことがないのである。
(男性には一人出会ったことがある)
どこかに全国の狛犬データを網羅する地下組織などがあるのならばぜひ会員になりたい。

SUPERIA PREMIUM400
058_20.jpg

ちょこんと佇む苔むした小熊のような狛犬。
本来は苔むした狛犬なんて、小躍りしてしまう組み合わせなんですが、
小熊ちゃんのお顔が全く見えない。

苔をちょっとむしってしまおうか、
と苔好きにあるまじき背徳行為に及びそうになるのをなんとか抑え、
しかしカサカサの苔では苔も小熊も可哀そうなんじゃないか、
そうだ、手持ちのペットボトルのお水を含ませてあげようか、
いやでも、苔が潤って更にお顔が苔むしたらどうしよう、
いやいやでもでも・・・

と思索の海を漂った結果、何もしないで顏を想像しながら楽しみました。


ここは下呂の西上田神社。
LOMO日記のジムヤスジロウさんが訪れた記事を数年前に拝見してから、
ずっとずっと訪れたかった神社です。
念願叶ってようやく会いにいくことができました。
狛犬の魅力に冷静さを失い、ただでさえへっぽこな構図センスが
さらに劣化して同じような写真を大量生産してしまいましたが、
まだまだアップします。つづく。

*狛ペディア*
はじめちゃん…江戸初期の石造り参道狛犬。
彫りが浅く小型で台座も低く親しみやすい素朴な魅力がある。

SUPERIA PREMIUM400
049_11.jpg

諏訪大社本宮内、天流水社。
私的いは石製(特に小松石)が好みですが、この銅製狛犬はいけてる。
この狛犬イケメンじゃない?
と連れに同意を得ようとしましたが、スルーされました。
きっと連れには連れの好みがあるのでしょう。

さて、ご紹介していない狛犬写真が溜まってしまったので、しばらく怒涛の狛犬祭りをします!
興味のない方は、あーまたやってるよと生温かい目で見逃してくださいませ。
好事家の方、お待ちしております。

SUPERIA PREMIUM400
025_10.jpg

紅か黄かどちらかといえば紅が好きです。イチョウごめん。

FERRANIA Solaris400
028_13.jpg

つい脱線して寄り道したくなる味のある坂道。

五度もアップしておいてなんですが、弱点でもなんでもないですね。
単に私が好むものです。
タイトルに数字を入れるのは、タイトルが浮かばず写真がアップできない、
という本末転倒なスランプに陥った時に使う私の常套手段です。

FERRANIA Solaris400
043_15.jpg

057_25.jpg

排気口にも弱い。

efiniti UXi super200(1枚目)
FERRANIA Solaris100(2枚目)
039_11.jpg

家紋、紋章に弱い。

FERRANIA Solaris100
084_10.jpg

一時期切り絵にわっとハマって、わっと切りまくり、わっと熱が冷めて、
行き場がない切り絵たちをラッピング等の際に封筒に貼って使っています。
まだたくさんあるので他の用途を検討中。

Kodak100
20110730008.jpg

去年の紫陽花。
今年は梅も桜も薔薇も紫陽花も撮り逃してしまいました。

velvia100(xprocess)

| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。