上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMG_0034_20130810170704f0a.jpg

旧東海道最大の難所として知られた「箱根八里」。
その一部、畑宿から1キロほど石畳が続きます。
深い緑の中、差し込む日差しと苔むした岩畳がとても美しい。

まさかの前々回にアップした箱根旅行の続きです。
昨年の晩夏に訪れたので、現在約1年遅れで進行しております。
1年巡って季節的にはちょうどタイムリー?

PROVIA100F(Xprocess)
スポンサーサイト
028_13.jpg

つい脱線して寄り道したくなる味のある坂道。

五度もアップしておいてなんですが、弱点でもなんでもないですね。
単に私が好むものです。
タイトルに数字を入れるのは、タイトルが浮かばず写真がアップできない、
という本末転倒なスランプに陥った時に使う私の常套手段です。

FERRANIA Solaris400
016_15A_20110723224928.jpg

018_17A.jpg

012_11A.jpg

名のある坂も、名もなき坂も。
古きも、新しきも。

FERRANIA Solaris100
063_31.jpg

歪曲が美しい。
できれば坂を下って下からの景色も拝みたいが、
団体行動なのでぐっと我慢。大人ですから。大人ですから。

efiniti UXi super200
FH010024.jpg

ぶらぶら歩いていたら素敵な坂発見。
先が見えないほどの急勾配。
登った先に何があるのか想像力をくすぐられる。
石段のいびつ感も秀逸。
日本の階段私的100選に登録します。

FERRANIA Solaris100
011_16A.jpg

気になる階段発見。
まっすぐは野暮、ちょっと曲がっているのが粋である。
てブラタモリで言ってたけど、納得。
タモリさんと夢でいいから一緒に散歩してみたい。

Venus800

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。